海の帝王「九絵」
  スズキ目スズキ科ハタ亜科







大きいもので50〜80キロにも達し
(当店では主に10〜20キロの一番食べ頃の九絵を使用しています)
鰺、鯖、いかなどを食べる魚食性の魚。
九州ではアラ、関東ではモロコなどとも呼ばれます。
一本釣りで獲るため漁が少なく、九絵専門店は地元でもゑびすだけです。

「体の縞模様が九つの絵に見える」「生涯でその模様が九回変わる」
と言われることから、漢字では「九絵」と表記されます。

強面な(?)見た目とは裏腹に、
「クエ食うたら他の魚は食えん」と言われる程
その身は淡白で上品な味わいです。





左写真はウロコと皮をそいだ九絵。
下にあるのは肝と胃袋。 どちらも珍味として一品や付き出しや一品等に(右写真)使います。




ゑびすホームページへ